秋田ふれあい信用金庫のローン審査

信頼度で選ぶなら秋田ふれあい信用金庫のカードローンがおすすめ。サービス内容や金利、ユーザーからの評判・口コミ情報をお届けします。

HOME信用金庫> 秋田ふれあい信用金庫のフリーローン・モア

秋田ふれあい信用金庫『フリーローン・モア』

カードローンの充実度が高い秋田ふれあい信用金庫が提供する『フリーローン・モア』のサービスを検証してわかりやすく比較しています。

プロミス レイク アコム
金利 : 4.5%〜17.8% 金利 : 4.5%〜18.0% 金利 : 4.7%〜18.0%
限度額 : 1万円〜500万円 限度額 : 1万円〜500万円 限度額 : 500万円

秋田ふれあい信用金庫(あきたふれあいしんようきんこ)は、秋田県大仙市に本店があった信用金庫です。当時の店舗数は18店です。湯沢・由利本荘・にかほ地域(いずれも羽後信用金庫のエリア)を除く県南地区と能代山本地域を営業エリアとしていました。

旧・大曲信用金庫が、一時期、秋田銀行や旧・五城目信用金庫(現・秋田信用金庫)への事業譲渡の噂まで立った旧・能代信用金庫を救済合併する形で成立した信用金庫です。そのため、名目上の全県エリア化(定款上の営業区域としては、由利本荘市・にかほ市を除く県内全域が規定されている)とともに、事実上の飛び地合併の形になりました。その後、旧・角館信用金庫を合併して現在に至りますが、このときにも旧・角館信用金庫の財務状況がネックとなって、一時は合併白紙にまで発展した経緯があります。

2009年7月13日に、羽後信用金庫と対等合併し、解散した。なお、合併後も能代山本地域が飛地状態であることに変わりはない。

なお、合併に先立ち、信金中央金庫を割当先とする優先出資証券の発行を行い、財務状況を強化した。これにより、木村理事長をはじめ、ふれあい側の理事のほとんどは合併と同時に辞職。合併後の羽後信金の役員構成は、従来からの羽後信金の理事で固められました。

アコム

ここがすごい、おすすめポイント!
低水準の実質年率は3.0%〜18.0%!!
これは嬉しい!最大で30日間は金利0円!!
三菱UFJフィナンシャルグループだから安心!!
>> アコムの詳細へ

モビット

ここがすごい、おすすめポイント!
10秒で素早く審査結果を表示!!融資可能かすぐ判明!!
年利3.0%〜18.0%と低い!!優しい低金利が嬉しい!
限度額は最高800万円!!おまとめに最適なモビット!!
自営業の方やフリーター・パートの方でも申込ができる!
>> モビットの詳細へ
  ※10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。
  ※パート、アルバイトなど安定した収入がある方。