返済方式の種類を学習しよう

金利が低くて今おすすめの銀行カードローンにおいて返済方式の種類を学習しようについて詳しく解説致します。

HOME> 返済方式の種類を学習しよう

返済方式の種類を学習しよう

銀行のカードローンには大きく分けて4つの返済方式があります。ここでは、その4つの返済方式について、そのメリット・デメリットの説明をいたします。各金融機関によって違いがあるので、借入れを申請する前によく確認する必要があります。その中で、ご自分にあった返済方式をしっかりと吟味して、無理のない返済をしていきましょう。

まず最初にリボルビング返済方式です。
リボルビングという言葉をCMなどで耳にしたことやクレジットカードをお持ちの方は実際に利用したことがある方も多いのではないでしょうか。リボルビング返済方式とは、毎月の返済金額を事前に決めておくという方法です。

これは、返済がまだ全額済んでいなくても、融資の限度額内なら新たに借入れをすることができます。これは使い方によっては大きなメリットです。このリボルビング返済方式はさらに細かく分けることができます。

一つ目は「元利定額リボルビング返済方式」です。
この返済方式には毎月の返済する金額の中に金利も含まれています。なので、毎月決まった返済金額になるので、自分の返済ペースを崩すことなく返済ができます。しかし、借入額が大きいと元金の返済が遅れてしまい、返済期間が長くなってしまう可能性もあります。

二つ目は「元金定額リボルビング返済方式」です。
こちらの方式は返済額を設定し、それにさらに利息の金額も追加して返済するという方法です。この方法ですと、元利定額リボルビング方式と比べますと、月々の返済額は高くなりがちですが、元金の返済のスピードはあがります。

次に残高スライドリボルビング返済方式です。
この方式は利用額に合わせ、返済する金額が変動していくリボルビング返済方式です。残高スライドリボルビング返済方式は3つの種類に分かれています。

1つ目の「元利定額」は、借入れの残高によって返済の金額が変動していきます。つまり利息の割合が返済を行なうに連れて減っていく方式です。

2つ目は「元金定額」です。借り入れた残高によって返済の金額が変動しますが、利息は含まない元金だけで計算されるのです。

それは、残高によって元金の一定支払い金額が決まる方式になります。

3つ目、「元利定率」です。こちらも元金定額と同じで、借り入れた残高によって返済の金額が変動しますが、利息は含まない元金だけで計算されます。しかし、こちらは元金の一定支払額が残高により定率での決定と言う方式になります。

三つ目は元利均率返済方式です。
この方式は毎月の返済金額が決まっていて返済額が変動することがありません。しかし、返済している間は新たに借入れをすることができません。この決められた返済額の中には利息も含まれています。

最後は元金均等返済方式です。
この方式も毎月、返済金額が決まっていて返済額に変動はありませんが、毎月の決められた返済金額の中に利息分のが含まれていませんので、「元金返済額+利息」を毎月一定額返済していきます。なので、月々の返済額は高くなりますが、その分、元金を減らすスピードが早いので、返済期間が短くなります。

以上の4つの返済方式にはそれぞれメリット・デメリットがあります。ご自分にあった返済方式をよく考えて利用しましょう。

アコム

ここがすごい、おすすめポイント!
低水準の実質年率は3.0%〜18.0%!!
これは嬉しい!最大で30日間は金利0円!!
三菱UFJフィナンシャルグループだから安心!!
>> アコムの詳細へ

モビット

ここがすごい、おすすめポイント!
10秒で素早く審査結果を表示!!融資可能かすぐ判明!!
年利3.0%〜18.0%と低い!!優しい低金利が嬉しい!
限度額は最高800万円!!おまとめに最適なモビット!!
自営業の方やフリーター・パートの方でも申込ができる!
>> モビットの詳細へ
  ※10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。
  ※パート、アルバイトなど安定した収入がある方。