借金について無知だと最悪死を招く、そんな時代

金利が低くて今おすすめの銀行カードローンにおいて借金について無知だと最悪死を招く、そんな時代について詳しく解説致します。

HOME> 借金について無知だと最悪死を招く、そんな時代

借金について無知だと最悪死を招く、そんな時代

借金というと、それだけでネガティブなイメージがあるのではないかと思います。そして、それはお金に対する考え方としては非常に正しいものだとも思います。お金を借りるということは、例えばそれが身内や友人の間で行われたことだとすれば、長年築きあげた信頼関係を一瞬にして壊してしまう結果になりかねませんし、金融機関からお金を借り続けたことで、多重債務に陥り、返済がままならず督促をうける毎日へ生活が一変してしまうという可能性もあります。

ところがその一方で、私たちはお金を借りることに麻痺している側面もあります。その1つがクレジットカードです。クレジットカードで買い物をするたびに「借金をしている」という自覚を持っている人はほとんどいないのではないかと思います。けれども実際、カードを提示してサイン1つで物が手に入るということは、信用にのっとって借金をし、支払日にそれを返済する、ということなのです。

また、自家用車やマイホームといった大きな買い物をする時には、大抵の人がローンを組みます。当然これは返し続けなければならない借金です。かつては、車やマンションを購入するといったことが、一部の裕福な人にのみ許された話だった時代がありましたが、現在は一億総中流とも呼ばれる時代です。誰もが年頃になると車を持ち、結婚すれば家を買う、と思っているといっても過言ではありません。そのため、特に抵抗なく車やマイホームについてはローンを組むわけです。

けれども、利率の違いや消費者金融か銀行系かといった借入先による安心感の違いはあるものの、カーローンも住宅ローンも、クレジット払いも借金です。慣れてしまえば抵抗がなくなるのは、もっと返済が大変になる可能性のある消費者金融系のキャッシングやカードローンも同じです。

現在は、法の隙間を利用して、高い金利を該当させる「グレーゾーン金利」が事実上撤廃されるなど、ある意味野放しになっていた高金利での貸付はなくなってきましたが、それでも、多重債務によるトラブル、破産、夜逃げ、自殺、孤独死といった誰にも望まれない結末をみるケースは後を立ちません。

例えばグレーゾーン金利については、かつて利息制限法をこえた金利で借入をし、返済していた場合には、過払い金請求という形で、払いすぎていた利息を取り戻すことができます。けれども、このことに関して全くの無知な債権者であればどうでしょうか。いまだに払う必要のない利息を払い続けているかもしれません。返済に追われれば追われるほど、人は正しい判断力をなくし、普通の状態なら「これはおかしい」と判断できることでも、やってしまうようにもなります。

こういった、借金で身を持ち崩してしまうような状況に陥らないためには、「お金を借りる」ということに関しての知識をしっかり得ておく必要があります。同じローンでも、金融業者からみた「ローンの仕組み」とそれをうまく利用する方法を知っていて組むのと、まったく何も知らずに組むのとは、全く違ってくるのです。

アコム

ここがすごい、おすすめポイント!
低水準の実質年率は3.0%〜18.0%!!
これは嬉しい!最大で30日間は金利0円!!
三菱UFJフィナンシャルグループだから安心!!
>> アコムの詳細へ

モビット

ここがすごい、おすすめポイント!
10秒で素早く審査結果を表示!!融資可能かすぐ判明!!
年利3.0%〜18.0%と低い!!優しい低金利が嬉しい!
限度額は最高800万円!!おまとめに最適なモビット!!
自営業の方やフリーター・パートの方でも申込ができる!
>> モビットの詳細へ
  ※10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。
  ※パート、アルバイトなど安定した収入がある方。